レゴでお城(塔)を制作【オリジナル】~4歳児女の子の作品~

LEGO 4歳児 作品 お城 家 塔4歳児の作品

今日は4歳児娘が「お城(塔)」を作ったのでご紹介です。

ちなみにレゴ歴2ヵ月くらいです。

どちらかといえば飽き性の子供なのですが、レゴは飽きずに数日おきに何かしら作っていますよ。

 

  • レゴでお城や塔(もどき)を作ってみたい
  • レゴでどんな感じで遊べばいいのかわからない
  • 4歳児くらいだとどんな作品を作るのか知りたい

 

といった人の目安になればと思います♪

 

スポンサーリンク

レゴでお城や塔を制作!4歳児女の子の作品

レゴ お城 塔 4歳児作品

今回、娘が作ったのはこちらです。

「全部娘が作りました」と言いたいところですが、最初の2段くらいは夫が作成。

旦那が放置していたところに、娘がどんどんとブロックを積み重ねていった感じですね。

(カラフルなブロックになっているところは子供、下の方の灰色系は旦那です)

 

レゴ お城 塔

 

後ろからみるとこんな感じ。

 

子供的に「フィグを座らせられる箇所を作りたかった!」とのこと。

 

レゴ 階段

↑フィグが上り下りするようの階段です。

なぜか階段を作るのが好きな娘。

しかし、さすがに「2×2ブロック」で長い階段を作るのは難しく…。

ここは、娘の要望を聞きつつ、私が手伝いました。

 

 

真ん中の段にもフィグが入ります。

これ、応用すると家を作れそうですね。

今度作ってみよう(笑)

 

スポンサーリンク

お城はレゴクラシック10698で作成しています

ちなみに今回の作品は「レゴクラシック10698」のみで作っていますよ。

が、必要なパーツは「基礎的なブロックのみ」なので、他のシリーズでも作れると思いますよ~。

 

あ、ただ、フィグと一番下の基礎板は別で購入したものですね。

特にこういった「縦に長い製作物」を作る時に基礎板は必須。

ちょっと高いので購入しようかどうか迷いましたが、買って良かったです♪

レゴクラシック 基礎板は必要?サイズやデュプロとの互換性は?
レゴクラシックの基礎板のサイズや違い、デュプロと互換性があるのか、そもそもレゴクラシックに基礎板は必要なのか、についてまとめています。「子供がクラシックシリーズを持っているけど、まだ基礎板は買ってない…」という人は要チェックですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました