レゴクラシック 10698 恐竜の作り方【オリジナルレシピ】

レゴクラシック 10698 恐竜の作り方クラシックレシピ

今回は「レゴクラシック10698」のみで恐竜を作ってみました(オリジナルレシピです)!

 

せっかくですので、「レゴの恐竜の作り方(how to make lego dinosaurs easy)」をご紹介です。

 

難易度は「中(5~6歳向け)」といったところでしょうか。

10698のみで作っていますが、色などを変えたら他のシリーズでも作れると思います♪

大人なら簡単ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

レゴクラシック10698で恐竜を作ってみた!

レゴクラシック 10698 恐竜の作り方 オリジナルレシピ

ちなみに完成品はこちら。

私的には「ティラノサウルス(Tyrannosaurus)」のつもりです(言い切った!)

でも、ポケモンとかにもこんなキャラがいそうですよね(笑)

 

後ろ姿はこんな感じ。

我ながら「背中のギザギザ」がかっこよくていい感じだと思っています(自画自賛ですw)。

それでは、さっそく作り方を見ていきましょう!

スポンサーリンク

レゴクラシック10698 恐竜の作り方(オリジナルレシピ)

恐竜の足を作る

今回は下(足)から順に作っていきますね。

まず必要なのはこちらのブロック。

このブロックの左側2つ(斜めブロック、2×2ブロック)を…

このように並べます。

この時「2ポチ分の間」を開けるのがポイント。

並べた上に「3×3ブロック」を重ねます。

足部分はこれで完成。

次は「胴体部分」を制作していきます。

 

恐竜の胴体を作る

胴体1

まずはこちらのレゴを集めます。

  • 「2×6縁パーツ」
  • 「2×4濃縁パーツ」×2
  • 「1×2黄緑パーツ」×2

 

集めたら、先ほどの「恐竜の足」に重ねていきます。

この時、足部分より「1ポチ前にずらして」重ねるのがポイント。

 

胴体2

ここからは「似たような作業の繰り返し」になります。

材料を集めて…

  • 「2×4黄緑パーツ」×1
  • 「2×4縁パーツ」×2

 

先ほどのパーツに重ねる。

今回も1つ前にずらして重ねます。

胴体3~4

次に準備するのはコレ。

  • 「2×4黄緑パーツ」×2
  • 「2×4縁パーツ」×2
  • 「斜めになっている縁パーツ」×2

 

最初の3つは前にずらさずに、そのまま重ねて…

 

次の3つは「1つ前にずらして」重ねます。

 

胴体5

ピースを準備して…

  • 「2×4黄緑パーツ」×2
  • 「斜めになっている縁パーツ」×1

 

1つ前にずらして重ねます。

胴体部分はこれで終了。

次は「恐竜の頭」を作っていきますよ~!

スポンサーリンク

恐竜の頭の作り方

目玉部分を作る

必要なピースはこちら。

  • 「2×4濃緑パーツ」×2
  • 「1×1縁パーツ(横にもポチがついて目を付けれるやつ)」×2
  • 「斜めになっている縁パーツ」×1
  • 「目玉パーツ」×2

 

それを写真のように組み立てます。

今回は「2ポチ分が前に出るように」重ねてくださいね。

目玉も忘れずに付けてあげましょう。

飾り(?)を作る

 

この部分は省略してもOKなのですが、付けた方がかっこいい気がします。

見つけるのが難しいかもですが、頑張ってみつけてくださいね。

それぞれ、上記写真の赤丸部分に取り付けていきますよ。

飾りがないとかわいい感じで、あるとカッコいい感じですかね~。

お好みでどうぞです。

 

下あご(口)を作る

「2×3の薄い縁パーツ」×2を準備します。

 

恐竜の顎部分に下からくっつけます。

口ができると、なんだか恐竜っぽくなりますよね!

完成まで後少しです。

しっぽを作る

次は「恐竜のしっぽ」ですよ。

  • 「2×2緑パーツ」×1
  • 「1×2濃縁パーツ」×2
  • 「斜めになっている縁パーツ」×2

↑こちらのレゴブロックを…

このように組み立てて…

 

恐竜の胴体と合体させます。

恐竜の腕を作る

最後に「恐竜の腕(手)」を作りますよ。

  • 「1×2薄緑パーツ」×2
  • 「薄い斜めになった縁パーツ」×2
  • 「斜めになっている縁パーツ」×2

 

必要なブロックをこのように並べて…

「薄い斜めになったパーツ」を上に乗せて、固定します。

左右の腕は「向きが逆になるように」重ねてくださいね。

 

それぞれの手を「胴体部分」に重ねたら完成です!

お、いい感じですね~♪

スポンサーリンク

レゴクラシック 恐竜の作り方まとめ

いかがだったでしょうか?

全部で「47ピース」で完成する恐竜(ティラノサウルス)です。

必要なピースさえ集めてしまえば「10分程度」で作れると思いますよ。

 

作る時は「基礎板」があった方が作りやすいかもですね。

ただし、外す時にちょっと崩れやすくなるので注意してくださいね。

レゴクラシック 基礎板は必要?サイズやデュプロとの互換性は?
レゴクラシックの基礎板のサイズや違い、デュプロと互換性があるのか、そもそもレゴクラシックに基礎板は必要なのか、についてまとめています。「子供がクラシックシリーズを持っているけど、まだ基礎板は買ってない…」という人は要チェックですよ。

 

子供はみんな「恐竜」が大好きですよね。

男の子に限らず、女の子にも人気があります。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

↓あなたにオススメのレシピ↓

レゴ ティラノサウルスの作り方【クラシック10698だけ】
レゴクラシック10698でティラノサウルスの作り方を紹介しています。恐竜の顔が動く仕様になっている自作オリジナルレシピです。子供でも簡単に作れるのでぜひ作ってみてくださいね。
レゴ10698ペンギンの作り方~オリジナルレシピ~クラシック等で応用可能♪
レゴクラシック10698でのペンギンの作り方を紹介しています。オリジナルレシピですので、少し不格好ですが、立派なペンギンです(笑)全部で23ピースなので、小さな子供でも簡単に作れますよ。ぜひ作ってみてくださいね。
レゴ カニの作り方【自作オリジナルレシピ】10698のみ
レゴでのカニの作り方(How to make lego crab)を紹介しています。自作オリジナルレシピです。クラシック10698のブロックのみで作っていますが、他のシリーズでも作れると思います。ぜひ作ってみてくださいね。

 

↓10698のみで作れるレシピ↓

レゴクラシック10698レシピと作り方。公式&自作オリジナルまとめ!
レゴクラシック10698のレシピ&作り方をまとめています。公式レシピはもちろん、自作のオリジナルもあり!乗り物、生き物、動物、建物、武器と色々な組み立て方を写真付きで説明していますよ。

 

無料で試せる「子供専用オンライン英会話」

子供専用オンライン英会話

「子供に英語の体験をさせてみたいけど、どうだろう?」

「でも、英語教育って高そう・・・」

「今はコロナで教室に通うなんてムリ・・・」

 

そんな人にオススメなのが、子供向けオンライン英会話「hanaso kids(ハナソ キッズ)」。

月額2,800円と格安な上に、好きな曜日・時間を選んでいつでもレッスン可能だし、マン・ツー・マンなので英語が全然できない初心者でも大丈夫

 

2024年からは小学生の英語必修単位数が増加しますし、今後ますます英語教育が大事になってきます。

英語をマスターするには小さい頃からネイティブな英語に触れ合うことが大事。

子供の将来のためにも、まずは無料でオンライン英会話を試してみませんか?

 

\今なら2回完全無料で体験レッスンを受けられます/

クラシックレシピ
スポンサーリンク
レゴ好きならシェアしとこう♪
ミナミをフォローする
レゴ暮らし~おすすめのレゴやレシピを紹介しています~

タイトルとURLをコピーしました