レゴ LEGO デュプロ10864 おおきなこうえん【購入レビュー】

レゴデュプロレビューデュプロ(1~5歳向け)

「レゴ(LEGO) デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス “おおきなこうえん” 10864」を買ったからレビューします。

ちなみに、わが家には4歳娘用にレゴクラシック(10698)があったのですが、2歳の妹にはクラシックは小さすぎまして…。

 

「2歳児でも遊べるような大きなレゴが欲しい!」

 

と思ったのがキッカケです。

んで、2歳娘のクリスマスプレゼントとして購入しましたよ。

写真付きでレビューしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

レゴ LEGO デュプロ10864 おおきなこうえんを買ってみた

レゴ105680 大きな公園

↑ジャジャーン

新しいレゴって嬉しいですよね。

割と大きなボックスが届くので、2歳娘も大喜び。

写真を取る暇もなく、開けられ、中身で遊び始めました(笑)

 

さて、気になる中身ですが…

取り扱い説明書(レシピ)

レゴ105680 取り扱い説明書

スミマセン。

実は購入したのはクリスマスなのですが、この写真を撮ったのは4月。

4ヶ月も経った後なので、説明書はボロボロになっております…orz

もちろん購入時はキレイなままだったので、新しく購入する人はご安心を!

 

レゴ105680 レシピ

↑説明書の中にはこんな感じで「作り方(公式レシピ)」が掲載されていますよ~。

 

基礎板

レゴ105680 基礎板

 

レゴは基礎板があった方が遊びやすいですよね。

デュプロ(大きな公園)は、最初から基礎板が入っているので便利です。

ちょっと小さいかな…とも感じますが、2歳児ならこのくらいの大きさでOK。

うちの娘もこの基礎板で遊んでいます。

 

フィグ(男の子と女の子の人形)

レゴ105680 フィグ

「大きな公園」のいいところは、このフィグ(人形)です!

男の子と女の子。かわいい~!

クラシックのコンテナボックスだと、フィグが入っていないから別に購入しないとなんですよね…。

 

これは4歳&2歳どちらの子供も大喜び。

やっぱりフィグがあると、遊びの幅が広がります。

兄弟2人でフィグを使ってままごと遊びをしていますよ~。

 

レゴブロック

レゴ ディプロ 大きな公園

 

ピース数は全部で71ピースです。

「ちょっと少ないかな…」と感じるかもですが、最初はこのくらいで大丈夫。

 

  • ブランコ
  • 滑り台
  • タイヤ(車)
  • 家(窓)
  • はしご

などが作れるので、2歳児からしたら、けっこうなボリュームがありますよ。

ある程度レゴに慣れてきたら、少しずつ増やしていくと良いと思います。

 

スポンサーリンク

レゴデュプロ10864のレシピで作ってみた

それでは、さっそく10864でいくつか作ってみました!

動く車(揺れる車)

レゴ105680 車

 

簡単なパーツのみで作れる車。

前後ろにゆらゆら揺れるので子供の心をガッツリ掴みます。

わが家の2歳児は最初このレシピがお気に入りでしたね。

ブランコ

レゴ105680 ブランコ

子供はブランコが好き!

最初は自分で組み立てるのが難しくて「ママー、やって!」とお願いされていましたが、3ヶ月くらい経ったら自分で組み立てられるようになりましたよ。

子供の成長…早いです!

 

滑り台&家

レゴ105680 滑り台

家付きの滑り台です。

秘密基地みたいで嬉しいですよね~。

ちなみに、わが家の2歳児はやっぱり最初は自分で作れませんでしたが、いつの間にか滑り台も作れるようになっていました(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

コンテナボックス付きなのが嬉しい!

レゴ コンテナボックス

レゴクラシック(10698)はプラスチックのコンテナボックス(収納箱)付きです。(緑の方ね。黄色の方はクラシック)。

レゴの数も多くないので、片付けの時はこのコンテナボックスにポンポンとレゴを入れるだけ。

片付けが苦手な2歳児も「箱に入れるよ~」というと、(気分が乗っている時には)入れてくれますよ。

 

そして、コンテナボックスが可愛いから、部屋の隅においているだけでもけっこういい感じ。

わが家は黄色のボックス(クラシック)と並べておいています(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

デュプロとクラシックの大きさを比較してみる

デュプロとクラシックの大きさ比較

↑左がデュプロ、右がクラッシック。

大きさが全然違います。

デュプロなら飲み込むこともないので、1~2歳の子供でも安心です。

デュプロとクラシックどちらを買うかで悩んだら

最初のレゴで「デュプロとクラシック」で悩む人も多いと思うんだけど、2つとも買ってみて2~4歳児なら最初はデュプロを買った方が入りやすいかな、と思いました。

特に1~3歳児はクラシックは小さすぎて、なかなかうまく組み合わせることができません。

うちの2歳児も最初はお姉ちゃんのクラシックで遊ぼうとしたんですけど、小さすぎて組み立てられず…

 

でも、その後デュプロを購入したら、だんだんと上達してきて、2歳11ヶ月くらいの時にはクラシックもそこそこ上手に組み立てられるようになっていました。

それに、4歳のお姉ちゃんもデュプロの「ブランコ、滑り台、フィグ」がお気に入りで、兄弟で一緒に遊んでいます。

「デュプロだと、小さい時しか遊ばないかな?」とも思っていたのですが、もうすぐ5歳のお姉ちゃんもまだ時々遊んでいるので、長く遊べますよ♪


↓大きな公園で作れるレシピ↓

レゴデュプロ 家の作り方(おうちのオリジナルレシピ)
レゴデュプロの家の作り方(おうちのオリジナルレシピ)を紹介しています。2歳、3歳、4歳にオススメのレゴデュプロで「公園付きの家」を作ってみました!簡単に制作できる上に子供が喜んでくれますので、ぜひ作ってみてください。
スポンサーリンク

レゴ LEGO デュプロ10864 おおきなこうえん まとめ

「レゴデュプロ10864大きな公園」は子供心をくすぐるブロックがたくさんあり、1~5歳児までオススメです。

手先を動かすので「知育オモチャ」にもなりますし、2~3歳ならこれ1つでもけっこう遊べるので誕生日やクリスマスプレゼントにもピッタリです♪

ぜひ参考にしてくださいませ~。

無料で試せる「子供専用オンライン英会話」

子供専用オンライン英会話

「子供に英語の体験をさせてみたいけど、どうだろう?」

「でも、英語教育って高そう・・・」

「今はコロナで教室に通うなんてムリ・・・」

 

そんな人にオススメなのが、子供向けオンライン英会話「hanaso kids(ハナソ キッズ)」。

月額2,800円と格安な上に、好きな曜日・時間を選んでいつでもレッスン可能だし、マン・ツー・マンなので英語が全然できない初心者でも大丈夫

 

2024年からは小学生の英語必修単位数が増加しますし、今後ますます英語教育が大事になってきます。

英語をマスターするには小さい頃からネイティブな英語に触れ合うことが大事。

子供の将来のためにも、まずは無料でオンライン英会話を試してみませんか?

 

\今なら2回完全無料で体験レッスンを受けられます/

デュプロ(1~5歳向け)
スポンサーリンク
レゴ好きならシェアしとこう♪
ミナミをフォローする
レゴ暮らし~おすすめのレゴやレシピを紹介しています~

タイトルとURLをコピーしました