レゴクラシック10692の特徴。リーズナブルな価格でお試し購入向け?

レゴクラシック10692クラシック(3~7歳向け)

ブロック系の知育オモチャといったら「レゴ(LEGO)」を思い浮かべる人が多いと思います。

子供から大人まで世代を超えて長年愛され続ける王道オモチャですよね。

 

さて、そんなレゴですが、「そろそろ子供にレゴレビューをさせてみたい」と思っているママやパパも多いはず。

ですが、レゴの種類は本当にたくさんあり「何を選んでいいのかわからない!」と悩んじゃいますよね。

そこで今回は「レゴクラシック10692 黄色のアイデアボックス<ベーシック>」をご紹介。

 

「3歳~6歳くらいの幼児への誕生日・クリスマスプレゼントを考えているママやパパ」も必見ですよ。

もちろん、お孫さんへのプレゼントを考えている祖父母の皆さんも参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

レゴクラシック10792の特徴は?

お試し購入にちょうど良いピース数

レゴクラシック10792は「ピース数が221個」と他のアイディアボックスシリーズと比べて少なめ。

その分、お値段もリーズナブルですので「そもそも子供がブロックに興味を持つかわからないという場合のお試し」として丁度よいかな、と思います。

 

正確な価格は「購入するお店やネット通販サイト」によって異なりますが(同じ通販サイトでも時期によって割引になったりしますしね)、Amazonや楽天でしたら1,300~1,400円前後で手に入ると思います。

1,300円というと、ちょっと高めのランチ1回分。

家族みんなで外食に行った…と思えば全然安いですよね。

仮に子供が興味を持たなかったとしても「まぁ、いっか」と思えちゃいますので、お試しとしてはお手軽に買える値段かなぁと思います。

 

仮に子供が興味を持たなかったとしても…

ちなみに、もし子供が興味を持たなかったら、押入れやクローゼットの中に数ヶ月~1年間くらい保管しておくのがオススメ。

子供の興味はコロコロ変わるもの。

保育園や幼稚園に通う子供なら、お友達の影響でブロック系に興味を持つ子供も多いですしね。

 

数カ月後にまた見せたら「今度はスゴイ勢いで食いついてきた!」なんてこともよくありますよ。

ですので、仮に子供が遊ばなくても捨てたり誰かにあげたりせずに、「数ヶ月~数年単位で様子を見る」のがオススメですよ。

最初は遊べなくても、手先が器用になるとブロック系が好きになる子供もいますしね(うちの娘の場合はコレでした)。

10792で作れるものは?

レゴは購入するセットによって「作れるもの」が異なりますよね。

今回の10792の場合は

 

  • 灯台と船
  • 赤いレーシングカー(男の子が喜ぶ)
  • 青いヘリコプター飛行機(かなり人気)
  • お花屋さん(女の子が喜ぶ)
  • 動物(牛や馬)
  • 鉛筆と消しゴム

等が作れますよ。

特に人気なのは「ヘリコプター」ですね。

男の子なら「空を飛ぶ飛行機」に夢中になって遊ぶかもですね。

 

もちろん、上記したもの以外にも、色々なピースを組み合わせて自由に作ることが可能。

最初はただ数個のピースを合わせるだけだった子供が、段々と何十個のピースを合わせて色々なものを作れるようになることも。

お父さん、お母さんが「子供の想像力の伸び&成長の速さ」にビックリしちゃのも「レゴあるある」ですよね。

 

スポンサーリンク

レゴクラシック10792のデメリット。購入する前にここをチェック!

ブロック系に興味がある子供の場合…

「子供がブロック系に興味があるのがわからない」という場合は、お試しとして「10792」を購入するのもありだと思います。

が、もし「子供がブロック系の遊びに興味がある」とハッキリとわかっている場合は、今回の「10792」よりも「10696」「10698」セットの方がオススメ。

 

というのも、レゴ好きな子供になると、どんどん自分で作るようになるので「221個のピースだと足りない…」となるんですよね。

最初は221個でも大丈夫なのですが、早い子供なら数ヶ月も経ったら「新しいの買って」となると思います。

 

まぁ、それだけ子供が成長しているということなので親としては嬉しい限りなのですが、「だったら最初からもっと多いセットを購入しておけば良かった」と後悔することも…。

 

ですので、「児童館等の幼児向け施設でブロック系オモチャでよく遊んでいる」という子供の場合でしたら最初から「10696 or 10698」セットを購入していた方がいいかなぁ、と思います。

「10696 or 10698」でしたらプラスチックのボックスもついてくるので、片付けや収納にも困りませんしね。

10696 と 10698 の違いは?

ちなみに「10696 or 10698」の違いはなにかと言いますと…

 

【10696】

  • 484ピース
  • タイヤ系パーツが多いため、乗り物(バイク、車)系をたくさん作れる
  • 特に電車(SL機関車)の完成度が高く秀逸
  • 乗り物以外にも生き物(トラ、ワニ)や花、風車などを作る事も可能
  • 男の子に人気

 

【10698】

  • 790ピース
  • 満遍なく色々な物を作れるので男の子、女の子ともに人気が高い
  • お城の門、家、ビル、ショベルカー、スクーター(バイク)、カメラ、クマ、鳥、カエル等を作れる
  • それ以外にもピースを組み合わせて自由に作る事が可能

 

となっていますよ。

乗り物好きな子供でしたら10696の方が向いているかもですね。

レゴ (LEGO) クラシック10696は男の子向け?人気の秘密は豊富なタイヤ!
レゴ クラシック10696を購入したいけど、実際どうなの?タイヤパーツが多くて列車やパトカーが作れると聞いたけど…。他のクラシックシリーズとの違いは何?ここではそんな疑問をまとめています。4歳~くらいの男の子(女の子)のプレゼントで悩んでいる人も参考にどうぞです。
レゴ (LEGO) クラシック10698は知育オモチャとして優秀?【購入レビュー】
レゴ クラシック10698を子供に購入したので、感想や口コミを紹介します。メリット、デメリットも含めた上で「レゴクラシック10698は知育に良いのか、何歳から遊べるのか」までしっかりレビューしています。子供や孫の誕生日やクリスマスプレゼントで悩んでいる人にもオススメですよ。

 

レゴが入っている箱は段ボールなので注意!

それから、基本的に「クラシックアイディアボックスシリーズ」はレゴが入っている容器がプラスチックなのですが、今回の「10792」の場合は「フタだけプラスチックで、下のボックスは紙」になっています。

 

そりゃあ、普通の紙よりは丈夫ですが、しょせんは紙です。

子供が中に入って遊んだり、踏みつけたりしたらすぐに壊れてしまいます。

ですので「プラスチックのボックス目当てで購入する」というのはできません。

後悔するので辞めておきましょう。

 

また、片付け用として別途「プラスチック製のボックス」を購入するのがオススメ。

箱は100均のもので充分ですので、準備しておくと片付けの時に困らないかなぁと思います。

 

小さい子供がいる家庭は…

それから、レゴクラシックのピースは本当に小さいです。

 

  • 子供の手先がまだ不器用(2歳くらい)
  • 兄弟や姉妹に赤ちゃんがいる

という場合には「小さすぎて組み立てられない」「赤ちゃんが間違って飲み込んでしまう」という可能性がありますよ。

公式サイトによると「対象年齢は4歳以上」ですので、その点は注意されてくださいね。

(ただし、元々ブロック好きな子供でしたら3歳くらからでもクラシックで遊べたりしますね。元々不器用&指の力が弱いうちの娘の場合は4歳からようやく一人でもクラシックで遊べるようになりましたよ(笑))

 

スポンサーリンク

レゴクラシック10692の特徴まとめ

レゴクラシック10692はピース数こそ少なめですが、子供が興味を持つものを作ることができます。

お手軽な価格ですので「子供がブロック系オモチャで遊ぶかどうか試してみたい」という時に丁度良いかなぁと思います。

 

ただし、ブロック系が好きな子供でしたらすぐに「これだけだと物足りない!」となる可能性が高いです。

ブロック系に興味があるとわかっている場合は「10692」よりも「10696」や「10698」を購入するのがオススメですよ♪

タイトルとURLをコピーしました