レゴクラシックの違いや選び方。プレゼントにオススメなのはコレ!

レゴクラシックの違いや選び方。おすすめは? クラシック(3~7歳向け)

子供に大人気な知育オモチャ「レゴ(LEGO)」。

 

中でも「クラシックシリーズ」は種類も豊富。

「幼児ちゃん(3~6歳くらい)の初めてのレゴ」としても人気です。

子供の誕生日やクリスマスに「レゴクラシック」をプレゼントする両親も多いでしょう。

が、このクラシック、色々な種類があって「どれを選んでいいのかわからない」ということも。

そこで今回は「レゴクラシックの違いや選び方のポイント」等をご紹介。

初めてレゴを購入する人も、買い足しとして購入する人も、ぜひ参考にしてくださいね。

レゴクラシックの違いと選び方

レゴクラシックは大きく分けて2種類

まず、レゴクラシックは大きく分けて「2種類」に分かれます。

「アイディアボックス」と「アイディアパーツ」です。

まずは、この2つの違いを理解しましょう。

アイディアボックスの特徴は?

まず、アイディアボックスの特徴は以下の通りです。

 

  • レゴが入っている箱がプラスチック製(例外もある)
  • プラスチックのボックスがそのまま収納ケースとして使えるので便利
  • 乗り物、生き物、建物等、色々なものを作る事ができる
  • 男の子、女の子、どちらにプレゼントするにも無難
  • 初めてのレゴとしてもオススメ

 

私的には「誰かにプレゼントする」とか「初めてのレゴ」ということでしたら、私的にはこちらのシリーズの方がオススメ。

というのも、レゴが入っている「プラスチックの黄色いボックス」はそのまま収納ケースとして使えちゃうんですよ。

これがまたかわいい!

子供がお片付けをする練習にも丁度良いですよ♪

アイディアパーツの特徴は?

  • レゴが入っている箱が紙製
  • 別途「片付けようのプラスチックケース(100均で充分)を購入した方が良い
  • 購入するアイディアパーツによって「作れるもの」が異なる
  • アイディアパーツによって「男に人気なもの」「女の子に人気なもの」がある
  • 「現在、足りないもの」を買い足す時にオススメ

 

すでにレゴを持ってる人で「手持ちのレゴだと物足りなくなってきたな」という場合は、こちらのアイディパーツから「子供の興味に合わせて追加で購入する」というのがオススメ。

アイディアパーツは、それぞれ「作れる物」が異なります。

ですので、「もっとこんなものが欲しい!」と思った時に、欲しい内容に合わせて購入するのが良いですよ♪

 

レゴクラシックは何歳からできる?

「レゴクラシックは何歳から遊ぶことができるのか」ですが、公式にサイトによるとほとんどのクラシックは「4歳以上が対象年齢」となっています。

 

が、私的には「ブロック系が好きな子供なら3歳からでもクラシックで遊ぶことが可能」だと思いますよ。

 

口コミを見ていても「3歳で遊んだ」という意見もありましたしね。

が、ここばっかりは「子供の興味による」ので、ブロック系が好きな子供は3歳からでも遊ぶし、逆にブロック系が苦手な子供は4~5歳になってもあまり遊ばないかもですね><

ちなみにわが家の娘(現在4歳児、2歳児)の場合、

 

  • 4歳…自由に作るなら1人で30分以上集中して遊ぶことができる。ただし、組立説明書通りに作ろうと思ったら親の手助けが必要。
  • 2歳…始めは組み立てるのも難しかったけど、現在は3~5コくらいなら組み立てる。でもくっつけて遊ぶだけ。すぐに飽きる。

 

といった感じです。

4歳娘も最初はあまり集中して遊べませんでしたが、段々とレゴにハマってきた感じですね。

現在、見本通りに作るには親の手助けが必要ですが、おそらく4歳後半~5歳くらいになったら説明書のものも自分で作れるようになるんじゃないかなぁと思います。

 

あと、うちの娘の場合は「自由に組み立てる」というのが好きみたいですね。

最初は小さいものしか作っていませんでしたが、この前は200以上のピースを組み合わせて「超大作」を作っていました。

これには夫も私も「いつの間にこんなの作れるようになったの!?」とビックリ。

確かにレゴは「子供の想像力を伸ばしてくれているなぁ」と感じた出来事でした♪

 

レゴクラシック アイディアボックスの種類とオススメは?

10692~ブロック系が好きか分からない子供へのお試しとして~

  • ピース数:221コ
  • 作れるもの:灯台と船、レーシングカー、ヘリコプター、お花屋さん、動物(牛や馬)、筆と消しゴム
  • 収納ボックスがフタだけプラスチックで下は紙なので注意

 

レゴクラシック10692はピース数が「221コ」と少なめ。

ですが、お値段は約1,300円前後ととてもリーズナブルです。

ですので、「ブロック系オモチャで遊ぶかどうかわからない」という子供にお試しとして購入するのにオススメですよ。

 

ただし10692は「ボックスが紙製」ですので、要注意。

プラスチックの容器は入っていませんので、間違わないようにしてくださいね。

 

レゴクラシック10692の特徴。リーズナブルな価格でお試し購入向け?
「レゴクラシック10692 黄色のアイデアボックス<ベーシック>」の特徴を紹介しています。何が作れるのか、ピース数、メリット・デメリット等など…。レゴクラシック10692の感想をまとめていますので、購入するかどうか迷っている人はぜひ読んでみてくださいね。

10696 乗り物系が豊富で男の子人気なレゴ

  • ピース数:484コ
  • 作れるもの:SL列車、車、バイク、トラ、ワニ、お化け、風車、花
  • タイヤパーツが多いので、乗り物系を作る時に便利
  • 乗り物好きな子供に人気
  • プラスチックの収納ボックス付き

 

初めてのレゴ&乗り物好きな子供にオススメ。

特にSL列車の出来がよく、列車好きの男の子に人気ですね。

また、「タイヤパーツがもっと欲しい」という時の買い足し用として購入する人も多いです。

 

レゴ (LEGO) クラシック10696は男の子向け?人気の秘密は豊富なタイヤ!
レゴ クラシック10696を購入したいけど、実際どうなの?タイヤパーツが多くて列車やパトカーが作れると聞いたけど…。他のクラシックシリーズとの違いは何?ここではそんな疑問をまとめています。4歳~くらいの男の子(女の子)のプレゼントで悩んでいる人も参考にどうぞです。

10698 初めてのレゴで迷ったらコレ

  • ピース数:790コ
  • 作れるもの:ショベルカー、車、カメラ、クマ、カエル、鶴、お城の門、ビル、ピンクの家
  • 男の子、女の子、どちらにも人気
  • プラスチックの収納ボックス付き

 

レゴデビューする時に何を買おうか迷ったら、とりあえずこの「10698」を購入しておきましょう。

色々なものを作れるので、男の子にも女の子にも人気ですし、プラスチックの収納ボックスも付いています。

孫や姪、甥、友達の子供へのプレゼントとしても喜ばれますよ。

レゴの中でも特に人気が高いロングセラー商品ですね。

 

レゴ (LEGO) クラシック10698に子供が大喜び。知育オモチャとしても優秀!
レゴ クラシック10698を子供に購入したので、感想や口コミを紹介します。メリット、デメリットも含めた上で「レゴクラシック10698は知育に良いのか、何歳から遊べるのか」までしっかりレビューしています。子供や孫の誕生日やクリスマスプレゼントで悩んでいる人にもオススメですよ。

レゴクラシック アイディアパーツの主な種類とオススメは?

19703 女の子ならこれで間違いなし!

  • ピース数:502コ
  • 作れるもの:黄色の家、お店屋さん、中華風お堂、西洋風の門、近代ビル、西洋風のピンクのお城
  • 建物を作る時の窓やドアが豊富なセット
  • オシャレな建物を作れるので女の子やママに人気

「女の子が喜ぶレゴを買いたい」「もっと家やお城等の建物を作りたい」そんな時にオススメなのがこの建物セット。

「レゴはそこまで好きじゃないという子供(特に女の子)でも、このセットだけは遊ぶ」ということも珍しくありません。

また、男の子も建物を作る事で「ストーリー性のある遊び」ができるようになったりします。

「子供の遊びの幅を広げたい」という時にもオススメです。

 

レゴクラシック10703建物セットの特徴。女の子に人気な理由は?
レゴクラシック10703 アイデアパーツ 建物セットが気になる…という人のために、「レゴクラシック10703の特徴や内容、女の子に人気な理由、オススメの買い方」等を紹介しています。子供の誕生日やクリスマスプレゼント選びの参考にどうぞです♪

10715 車や乗り物好きならぜひ買い足したいセット

  • ピース数:442コ
  • 作れるもの:スケートボード、アイスクリームスタンド、馬車、車(牽引車?)バイク、クラシックカー、車椅子
  • タイヤパーツが多いので、色々な乗り物を作る事が可能
  • 乗り物好きな男の子やパパに特に人気

 

「タイヤパーツが足りない」「もっと色々な乗り物を作りたい」そんな時にオススメのセットです。

レゴを初めて購入するようでしたら、こちらもよりも「10696ボックス」の方がオススメです。

が、すでに他のセットを持っていて「もっとタイヤパーツが欲しい」ということでしたら、こちらのセットを買い足すと間違いないです。

 

レゴクラシック10715アイディアパーツ 車・乗り物好きな子供に人気!
レゴクラシック10715アイディアパーツについてレビューしています。レゴクラシックは種類が多くてどれを購入して良いか迷いますよね。今回は「タイヤ・車・乗り物に特化したレゴクラシック10715」について紹介しますので参考にしてくださいね。

10713 お出かけ中にもレゴで遊びたいならコレ!

  • ピース数:213
  • 作れるもの:りんご、宇宙人、ゾウ、ペリカン、魚、お城、飛行機、家、ヨット(全てサイズは小さめ)
  • 持ち運び可能なかわいい収納ケース付き
  • 外食や旅行、お泊りといったお出かけ先で遊べます♪

 

「家の中ではなく、お出かけ時にもレゴで遊びたい!」そんな時の購入にオススメ。

小さいスーツケースにレゴを収納できるので、外出先で暇を持て余すこともありません。

待ち時間中も子供がレゴで遊んでくれるので、泣かれて困る…ということも減りますよ。

正直「この収納ケース目当てで購入するのもあり」というくらい便利です。

 

レゴクラシック10713収納ケースつきアイディパーツが便利すぎる!
子供の知育系オモチャとして大人気のレゴ(LEGO)。 「すでにレゴシリーズを持っているという人」や「子供の誕生日やクリスマスプレゼントとしてレゴを検討している」というママ・パパも多いのではないでしょうか? さて、話は少し...

その他

11005 大容量でコスパ最高。ピース買い足し用として重宝

  • ピース数:950コ
  • 作れるもの:アイスクリーム、家、犬、レーシングカー、プロペラ機、花、船、飛行機、
  • プラスチックケースはなし

 

「子供がレゴにハマって現在持っているピースだけでは物足りなくなった」そんな時の買い足し用としてオススメです。

ハマるとピースはいくらあっても足りなくなりますが、こちらは950ピースと大容量。

数種類のレゴを購入するより、ダンゼンお得です。

 

私的には「11005+クラシックボックス」などで「1,000~1,500ピース」くらいあれば、3~5歳くらいなら充分楽しく遊べるかなぁ、と。

小学生くらいになると、もう少しピースが欲しくなるかもですが、幼児ちゃんならこれだけあれば大丈夫だと思いますよ♪

 

レゴクラシック11005の特徴。900ピースの大容量でコスパ最強!?
レゴクラシック11005の特徴などを紹介します。対象年齢、作れるもの、お得なポイントの他、デメリットについてもまとめています。子供やお孫さんのプレゼントにレゴクラシック11005の購入を検討されている人はぜひ読んでみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました