レゴクラシック10715アイディアパーツ 車・乗り物好きな子供に人気!

レゴクラシック10715 クラシック(3~7歳向け)

男の子、女の子に人気なブロック系の知育玩具といったら「レゴ」ですよね。

特に3~6歳くらいの幼児・子供がいるママやパパなら「誕生日やクリスマスプレゼントにレゴを買おうかどうか迷っている」という人も多いのでは?

ただ、レゴシリーズは本当に種類が豊富。

正直、何を購入していいのか悩んでしまいますよね。

 

そこで、今回はレゴシリーズの中でも「レゴ(LEGO) クラシック アイデアパーツ タイヤセット 10715」についてご紹介。

「子供に知育オモチャを贈りたい」と悩んでいる両親はもちろん、孫へのプレゼントで悩んでいる祖父母さんもぜひ参考にしてくださいね。

 

レゴのクラシックシリーズは大きく分けて2つ

そもそも、レゴのクラシックシリーズは大きくわけて2種類あります。

 

  • アイディアボックス
  • アイディアパーツ

 

今回の「10715」はアイディアパーツの方ですね。

まずはこの2つのシリーズの違いについて紹介しますね。

 

アイディアボックスは色々なものが作れる

アイディアボックスは建物、乗り物、動物、花等…総合的に色々な物を組み立てることができるセットになります。

組み合わせ次第で色々なものを作ることができるので、より子供の自由な発想、想像力を育てるのに役立ってくれますよ。

 

また、最初にレゴが入っているケースがプラスチックですので、そのまま「収納ボックス」として使うことも可能(アイディアパーツは段ボール)。

これが「子供の片付け練習」にもなるし、何より見た目もかわいいし、けっこう優れものなんです。

 

ですので、私的には「初めてのレゴ」ということでしたら、アイディアパーツよりも「アイディアボックスをプレゼント」するのがおすすめです。

 

アイディアボックスで不動の人気はこの2つ

ちなみにアイディアボックスの中で特に人気なのは「10696」と「10698」で、この2つの違いは以下の通り。

 

  • 10696…484ピース(タイヤ素材が多いので乗り物好きな子供にオススメ)
  • 10698…790ピース(総合的に色々なものを作れる。男の子、女の子、どちらにもオススメ)

 

レゴシリーズを初めて購入するという場合は、上記2つのどちらかを購入するのがオススメですよ(わが家はピース数が多い10698を購入しましたが、車好きなら子供なら10696でもいいかも)。

ちなみにそれぞれの違いを細かく書いた記事は以下にまとめています。

レゴ (LEGO) クラシック10698に子供が大喜び。知育オモチャとしても優秀!
レゴ クラシック10698を子供に購入したので、感想や口コミを紹介します。メリット、デメリットも含めた上で「レゴクラシック10698は知育に良いのか、何歳から遊べるのか」までしっかりレビューしています。子供や孫の誕生日やクリスマスプレゼントで悩んでいる人にもオススメですよ。
レゴ (LEGO) クラシック10696は男の子向け?人気の秘密は豊富なタイヤ!
レゴ クラシック10696を購入したいけど、実際どうなの?タイヤパーツが多くて列車やパトカーが作れると聞いたけど…。他のクラシックシリーズとの違いは何?ここではそんな疑問をまとめています。4歳~くらいの男の子(女の子)のプレゼントで悩んでいる人も参考にどうぞです。

 

アイディアパーツは「作りたいもの」に特化したシリーズ

上述したアイディアボックスに比べてアイディアパーツは「作りたいものに特化した専用シリーズ」となります。

今回の10715でしたら「タイヤや乗り物に特化したレゴ」ということです。

他にも「建物に特化したアイディアパーツ」、「歯車に特化したアイディパーツ(こちらは対象年齢5歳以上)」「赤や青といったそれぞれの色に特化したアイディパーツ」等がありますよ。

 

レゴクラシック10715の特徴は?何が作れる?

10715の場合、タイヤが20種類と豊富。

車等の乗り物が好きな子供ならワクワクする内容となっています。

また、「乗り物が作りやすいデザイン」となっていますので、「馬車、スケートボード、アイスクリームスタンド、車」などを作ることができます。

もちろん自由な発想で「想像上の生き物(?)や乗り物」を作ることも可能ですよ。

乗り物以外も作れるの?

10715でも、もちろん「乗り物以外の物」を作ることはできますよ。

ただし、やはり「作れるもの=乗り物関係が多い」です。

乗り物以外のものも作れますが「もう少しピースがないと寂しいな」といった印象。

 

ですので個人的には「最初はアイディアパーツではなくブロックを購入し、もっとタイヤ系ピースが欲しいなら10715を追加で購入する」というのがオススメ。

もちろん、「すでに他のシリーズを持っていて、車好きな子供のために追加で購入したい!」ということでしたら買うのは大賛成ですよ。

 

とはいっても、「娘や息子は乗り物命だから、最初のレゴでもこのセットがいいかも…」という人もいるでしょう。

そういった子供さんがいる場合は、以下の点に注意しつつ購入してみても良いですね。

もし10715を最初のレゴとしてプレゼントするなら…

収納ボックス必須です

レゴ10715が入っているボックスですが、コレ「段ボール」です。

小さい子供って段ボール好きですよね。

好きなのはいいのですが、うちの娘達(2歳&4歳)は空いた段ボールを見つけると、すぐに中に入って遊びます。

小さな怪獣2人が入って遊ぶものですから、段ボールはすぐにぐちゃぐちゃに壊れてしまうんです。

 

ですので、「最初のレゴが10715」という場合は、100均などで「収納ボックス」を一緒に購入しておきましょう。

そうしたら、「遊び終わった後の片付け場所」に困りませんよ。

レゴは収納ボックスにポイポイ入れればOK。

 

おそらく遊んでいるときは散らかると思いますが(5~6歳でおとなしく遊べる年齢になるとそこまで散らからないかもですが、4歳児くらいなら相当散らかるかと。わが家は散らかります)、

「片付けはプラスチック製の収納ケースに入れるだけ」なら子供でもできますし、ママもそこまでストレスにならないかなぁと思います。

 

ブロック好きなら3歳くらいからでも可能だけど

レゴクラシックは公式サイトでの対象年齢は「4歳以上」となっています。

が、ブロック好きな子供でしたら3歳後半くらいからでもレゴで遊ぶことが可能ですよ。

 

ただ「1人で集中して組み立てられるようになる」のは4歳くらいからが多いんじゃないかなぁと思います。

(わが家の4歳娘は30分以上1人で集中して遊んでくれます。2歳児は1人で遊ぶのは難しいですね)

 

他の家庭の口コミを見ていると、3歳前半の場合「一応組み立てられるけど、親の手伝いが必要」というケースが多いみたいですね。

親の時間に余裕があるなら一緒にゆっくり組み立てられるけど、共働きで時間に余裕がない家庭の場合「一緒に組み立てるのがちょっと面倒…」ということになる可能性も…。

 

パパが大活躍してくれるかも!?

子供が1人で遊べなくても、レゴの場合「パパが一緒に遊んでくれる」ということも!(←うちの場合、コレ)

男は何歳になっても「ブロック等の組み立て系オモチャ」って好きですものね。

 

たとえ子供が1人で遊べなくても「よ~し、ならパパが一緒に作ってあげようか!」となる可能性も大。

 

ママも上手に「パパってスゴイね。こんなのスゴイの作れるんだ」とおだててあげれば、益々イクメン化(?)が進むかもですよ。

また、雨の日の室内遊びとしても優秀。

こういった意味でもレゴはオススメです(笑)

 

赤ちゃんがいる家庭は気をつけて

最後にもう1つ!

レゴクラシックシリーズは1つ1つのピースがとても小さいです。

何でも口に入れてしまう赤ちゃん(0歳~1歳児)がいると、間違って飲み込んでしまう可能性があるので充分に注意してくださいね。

子供の年齢が小さいならパーツが大きい「デュプロ」の方がオススメですよ。

 

レゴクラシック10715まとめ

「レゴクラシック10715アイディアパーツ タイヤセット」の特徴は…

 

  • タイヤの数が多く乗り物好きな子供(男の子、女の子)にオススメ
  • 乗り物を作るためのパーツがたくさんそろっているので、色々な乗り物を作れる
  • 逆に言えば、作れるものは「乗り物中心」となる
  • 最初のレゴとしてならアイディパーツよりも「アイディアボックス」の方がオススメ
  • 他のレゴをすでに持っていて「物足りないから買い足したい」という時に購入するのが良い
  • 4歳児対象だけど、パズル系が得意な子供なら3歳児からでも可能
  • ただし、パーツが小さいので小さな子供がいる家庭は注意
  • 子供に混ざってパパが夢中になる可能性も大
  • 子供とパパとのコミュニケーションにも役立ってくれる
  • もちろん手先を動かすので脳の発達や知育にも役立つ

 

ということで私的には「追加購入するときのレゴ」としてオススメですよ。

乗り物好きな子供で「他のレゴも持っているけど、タイヤパーツがもっと欲しいなぁ」という時に購入するとより楽しめるんじゃないかなぁと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました