レゴクラシック10698 カメラの作り方【公式レシピ&組み立て説明書DL方法】

レゴクラシック10698 カメラの作り方 クラシックレシピ

今回はレゴ(LEGO)で「デジタルカメラ」を作ってみました。

ちなみに「クラシック10698」のみで作っています(というか、公式レシピです)。

簡単に作れちゃいますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

レゴクラシック10698で家を作ってみた

レゴクラシック10698 カメラの作り方

↑ちなみに完成品がこちら。

このカメラ、なんとレンズ部分がくるくる回ります

 

レゴクラシック カメラ

そして、フィルター部分が透明なので、本当のカメラのように裏側から「被写体」を覗くことができちゃうんです。

そんな本格的なカメラなのだから、子供が夢中にならないワケがございません。

わが家の娘(4歳児&2歳児)は、このカメラを渡すと「はい、ちーず。カシャッ」と言いながら、カメラを撮りまくります。

 

というワケで、そんなカメラの作り方を今から説明していきますね!

カメラの作り方は公式サイトからダウンロード可能!

ちなみに今回のカメラはレゴの公式レシピになります。

なので、レゴ公式サイトから「組み立て説明書」をDLすることができますよ。

レゴ公式サイト

↑リンク先に飛んで「10698」と入力して検索すると、DLが可能になります♪

 

レゴクラシック10698 カメラの作り方

それでは、さっそくカメラを製作していきましょう~!

組み立て方はとても簡単なので、小さな子供、幼児でもできると思います♪

 

カメラの本体1

  • 「2×3黒ブロック」×1
  • 「2×6黒ブロック」×1
  • 「2×8灰色ブロック(薄いやつ)」×1

 

まずは、灰色の薄いピースに、黒ブロックを重ねます。

左側の「2×6黒ブロック」が前に出っ張るようにはめるのがポイントですね。

 

カメラ本体の作り方2

  • 「2×3黒ブロック」×2
  • 「2×2黄色ブロック(前に出っ張りが付いたヤツ)」×1
  • 「1×2黒ブロック」×1

レゴ カメラ レシピ

↑この黄色部分に「カメラのレンズパーツ」をくっつけますよ。

 

カメラ本体の作り方3

  • 「1×2黒ブロック」×2
  • 「1×2黒ブロック(斜めになっているヤツ)」×2
  • 「2×8灰色ブロック」×1
  • 「1×2白色ブロック(ギザギザが入ってるヤツ)」×1

 

レゴ カメラ 自作

ちなみに写真で見ると「斜めの黒ブロック」の色がおかしくみえますが、不良品じゃありません。

光の影響でこんな感じに映っているだけですよ(涙)。

実物で見ると、普通に黒なので安心してくださいね。

 

カメラのフィルター部分を作る

本体の前に、「カメラのフィルター部分(フラッシュ部分?)」を先に作ります

  • 「1×4灰色ブロック(上が平らのヤツ)」×1
  • 「1×1灰色ブロック」×2
  • 「1×2透明ブロック」×1

 

並べて組み立てるだけでOK。

カメラの本体部分4

  • 「2×8灰色ブロック(薄いヤツ)」×1
  • 「赤い丸ピース(小)」×1
  • 「灰色の丸ピース(中)」×1
  • さっき作ったフィルター部分

 

レゴ カメラ 組み立て説明書

こんな風に並べます。

後は、黄色部分に「カメラのレンズパーツ」を取り付けたら完成ですよ。

 

カメラのレンズ部分の作り方

  • 「丸い黒ブロック(大)」×1
  • 「1×2灰色ブロック(カーブしているヤツ)」×4
  • 「丸い透明ブロック」×1

黒ブロックの上にそれぞれ並べていけばOK。

このレンズパーツを「カメラ本体の黄色の出っ張り」に取り付けたら…

 

レゴクラシック10698 カメラの作り方

ジャジャーン!!

完成です。

おそらく10分もかからない。

あっという間にできちゃいますよ。

 

レゴ カメラの作り方まとめ

いかがでしたか?

レゴで本格的なカメラが制作できちゃいます。

組み立ても簡単だし、子供も喜ぶしオススメです。

ぜひ作ってみてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました