レゴクラシック 10698 ショベルカーの作り方。簡単に製作可能♪

レゴクラシック10698 ショベルカーの作り方レシピ クラシックレシピ

今回は「レゴクラシック10698のショベルカーの作り方」を紹介です。

ショベルカーって難しそうですが、意外に簡単に作れちゃいます。

部品(パーツ)さえ集めてしまえば、5分もかからず組み立てることができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

 

ショベルカーのレシピは公式サイトでDL可能

実は10698は公式サイトで「ショベルカーの作り方」が正式に発表されていまして。

公式サイトで「レシピ(組み立て説明書)PDF」をダウンロードすることも可能ですよ♪

 

レゴ公式 組立説明書(レシピ)DL

↑公式サイトでこのように商品番号「10698」と記入し検索してください。

色々なレシピをDLできるようになりますよ♪

レゴ公式サイト

 

ただ、DLできる説明書は「イラスト」なので、人によってはわかりにくいかもですね。

「実物の写真を見て組み立てたい!」という人は、今から1つずつ組み立て方を紹介していきますね。

レゴクラシック ショベルカーの作り方

まずは、ショベルカーの完成した姿からご紹介。

レゴ クラシック 10698 ショベルカーの作り方

 

ババーン!

かっこいいですよね。

男の子が好きそうなショベルカーです!

ちなみにこのショベルカーですが、アーム部分(スコップ部分?)の角度を調整することが可能。

 

物をすくうような造作もできちゃいます。

オモチャとは思えない本格さ。

子供より大人がハマる気持ちもわかります。

さすがレゴですね!

 

さて、それではさっそく制作方法を見ていきましょう!

ショベルカーの作り方

 

今回は上写真のように

  • アーム部分
  • 窓(胴体)部分
  • タイヤ部分

 

に分類した作り方を紹介します。

アーム部分の作り方

 

アームを作る時にいるのはこの4つ(黄色パーツ×4、黒パーツ×1)です。

まず、スコップになる部分の中央に黒パーツをはめ、その上に黄色パーツをはめます。

 

あとは「黄色パーツ」を順に繋げていくだけ。

 

あっという間に「アーム部分」が完成です。

窓部分の作り方

窓部分の材料はこちら。

ちょっと数が多いですが、頑張って集めましょう。

(黒パーツが探しにくいんですよね><)

 

材料がそろったら、下から順に組み立てていきます。

まずは「2×4の黄色パーツ」を並べます。

 

その上に「1×4オレンジ、1×2オレンジ、黒パーツ」をはめます。

 

さらにその上に「2×4黄色、2×2の黄色パーツ」をはめます。

 

右奥の端に「2×2黄色、オレンジ透明パーツ」を乗せて、

 

その手前に「透明パーツ(窓部分)、黒パーツ」をつけたら完成です!

 

 

↑さきほど作ったアームと繋げるとこんな感じです。

ショベルカーの雰囲気がでてきましたね♪

あとはタイヤ部分だけですよ~!

タイヤ部分の作り方

↑必要なパーツはこちら。

タイヤが主なので、見つけやすいですよ。

 

まずは「1×2黒パーツ(2つ)」の上に「4×6黄色パーツ」を乗せましょう。

 

次に「黒のタイヤ」に「黄色の丸パーツ」を入れていきます。

先程作った基盤部分と合わせると、タイヤ部分が完成!

あとはこの中央に「ショベルカー本体部分」を乗せると…

 

 

ショベルカーの完成です!

レゴレシピ ショベルカーの作り方まとめ

いかがでしたか?

働く車ってかっこいいですよね♪

見ているだけでもワクワクします。

 

子供が小さいなら大人が作って手渡しもOK。

自分で組み立てられる年齢なら、子供自身が作ってもOK。

全部で27パーツなので、意外に子供でも作れると思いますよ。

ぜひチャレンジしてみてくださいね(*´ω`*)

それでは、レゴライフをお楽しみくださいませ♪

 

タイトルとURLをコピーしました